top

he Clothesline Project (CLP) is a program started on Cape Cod, MA, in 1990 to address the issue of violence against women. It is a vehicle for women affected by violence to express their emotions by decorating a shirt. They then hang the shirt on a clothesline to be viewed by others as testimony to the problem of violence against women. With the support of many, it has since spread world-wide. See this list of videos on YouTube. View the this Google Image Search.

According to the Men’s Rape Prevention Project in Washington DC, 58,000 soldiers died in the Vietnam war. During that same period of time, 51,000 women were killed mostly by men who supposedly loved them. In the summer of 1990, that statistic became the catalyst for a coalition of women’s groups on Cape Cod, Massachusetts to consciously develop a program that would educate, break the silence and bear witness to one issue – violence against women.

This small, core group of women, many of whom had experienced some form of personal violence, wanted to find a unique way to take staggering, mind-numbing statistics and turn them into a provocative, “in-your-face” educational and healing tool.

One of the women, visual artist Rachel Carey-Harper, moved by the power of the AIDS quilt, presented the concept of using shirts – hanging on a clothesline – as the vehicle for raising awareness about this issue. The idea of using a clothesline was a natural. Doing the laundry was always considered women’s work and in the days of close-knit neighborhoods women often exchanged information over backyard fences while hanging their clothes out to dry.

The concept was simple – let each woman tell her story in her own unique way, using words and/or artwork to decorate her shirt. Once finished, she would then hang her shirt on the clothesline. This very action serves many purposes. It acts as an educational tool for those who come to view the Clothesline; it becomes a healing tool for anyone who make a shirt – by hanging the shirt on the line, sirvivors, friends and family can literally turn their back on some of that pain of their experience and walk away; finally it allows those who are still suffering in silence to understand that they are not alone.

October of 1990 saw the original Clothesline Project with 31 shirts displayed on a village green in Hyannis, Massachusetts as part of an annual “Take Back the Night” March and Rally. Throughout the day, women came forward to create shirts and the line kept growing.

A small blurb appearing in Off Our Backs magazine was picked up by Ms magazine and everything changed for the Clothesline Project. In the following years, the Ryka Rose Foundation and Carol Cone’s advertising agency took an interest in our work and helped create a national push with small pieces appearing in USA Weekend magazine, Shape magazine and others. This outreach created an overwhelming national response and brought the Clothesline Project from a single, local, grassroots effort into an intense national campaign.

At the moment we estimate there are 500 projects nationally and internationally with an estimated 50,000 to 60,000 shirts. We know of projects in 41 states and 5 countries. This ever-expanding grassroots network is as far-flung as Tanzania and as close as Orleans, Massachusetts.

Survivor = A woman who has survived intimate personal violence such at rape, battering, incest, child sexual abuse.

Victim = A woman who has died at the hands of her abuser.

The Clothesline Project honors women survivors as well as victims of intimate violence. Any woman who has experienced such violence, at any time in her life, is encouraged to come forward and design a shirt. Victim’s families and friends are also invited to participate.

It is the very process of designing a shirt that gives each woman a new voice with which to expose an often horrific and unspeakable experience that has dramatically altered the course of her life. Participating in this project provides a powerful step towards helping a survivor break through the shroud of silence that has surrounded her experience.

The shirts are color coded to show the form of abuse and whether the victim survived the abuse they experienced.

White represents women who died because of violence;

Yellow or beige represents battered or assaulted women;

Red, pink, and orange are for survivors of rape and sexual assault;

Blue and green t-shirts represent survivors of incest and sexual abuse;

Purple or lavender represents women attacked because of their sexual orientation;

Black is for women attacked for political reasons.

Event organized by Women’s International League for Peace and Freedom, featuring a large number of shirts decorated by female victims of abuse and rape. Exhibited on August 26th, the 90th anniversary of women gaining the right to vote, this local showing was the 19th annual exhibition of this project in Portland Oregon.
The shirts portray grief, outrage, shattered spirits and incredible resilience in the face of often ongoing abuse and rape; some of the victims were as young as 4 years old.

性感染症は、世界で最も一般的な感染症の一つです。欧米でこの病気は1970年代、1980年代に1950年代から徐々に増加し、一定のレベルに達しています。しかし、1980年代後半以降、多くの国では、特に梅毒や淋病、再び上昇し始めました。世界中で2.5億人毎年淋病(淋菌)がキャプチャされます。梅毒の症例数は約50百万円であります。トリコモナス症や性器ヘルペスは、より一般的ですが、医師は、必ずしもこれらの疾患を通知しません正確な数字ではありません。

今日では、迅速に治癒し、性感染症の大部分の感染は、治療に防止することができます。しかし生物の、新旧の薬剤耐性株、新興の要因、生活の変化による伝搬状況とはるかに自由なライフスタイルです。今日、世界中の人の移動の増加は、この病気の急速な普及を担当しています。

1980年代の後、HIV /エイズを新興、性行為感染症が再び問題に注意を引くために導きました。様々な理由のために隠された、と常にこれらの疾患が不可能な社会の前で議論されるべきである実数に達し、非常に破壊的な、まだ病気のために撮影したすべての措置は、我々が持っていないことの治療は、他の性感染症の予防策でもあります。

性感染症の制御は、診断および治療のための医療施設を提供することです。教育は、性感染症の予防のために不可欠です。彼らは人の年齢に達したときに性的に活発なこれらの疾患から身を守る方法を知っていることは非常に重要です。この目的のために、さまざまなプロジェクトにおける青少年センターが実施し、青年は、それらを知らせることを目的に設立されました。

人の配偶者で検出されたSTD処理が適用されなければなりません。

性感染症(性感染症)、保護されていないため、HIVやB型肝炎ウイルス、細菌、ウイルス、真菌の大多数を含む性的分泌物の性交、および寄生虫によって明らかにされた疾患が含まれるトランスミッションのメインルート、。これらの例は、HIV、エイズによって引き起こされ、また、B型肝炎ウイルスによって引き起こされる黄疸、生殖器疣贅ウイルスによって引き起こされる口唇ヘルペス、細菌(淋菌)によって引き起こされる淋病、梅毒、寄生虫によって引き起こさ疥癬によってされ、毛ジラミを計数しました。

他の治療は、今日知られているが、それは、例えばAIDSのように、これらの疾患の治療の一部であることができます。そのうちのいくつかは、その後の人生で不妊や癌の治療の面でリスクがあっても。

性交は痛みが/それは時々、このような無痛ただれなどの症状を引き起こす可能性があり、腫れ、性器に流れる経口または肛門性交の細菌やウイルスによって送信されたアクティブな疾患、膣、陰茎や肛門、膣、の保持を使用して入力した後、感染後症状が得られない場合があります。

したがって、無意識のうちに明らかに健康かと性交から病気をつかむ他の人に感染することは非常に容易である彼らの病気に入りました。流れはまた、月経周期を通して変化、白または黄色で健康な女性と量、習慣、で見られます。男性の任意の放電、異常な放電女性は医師に相談してくださいしています。性的要因輸血を含む、何らかの理由で、性交時のショッピング分泌外感染性物質を送信し、出産中または授乳を介して、血液を介して、母親から赤ちゃんへの使用済みの針を注射して一人の患者は、部分的にもかかる場合があります。食品や病気などの容器は同じ環境で生活しています。性交中の女性に男性から病気の伝播が原因の性的器官の性質の方が簡単です。別の生活と性的関係を持つことは、一緒にこれらの病気から自分や配偶者を保護します。しかし、以前の性的関係からの感染を取得している個人は、彼らの新しい配偶者を搬送することができます。みんな、それぞれの男性または女性がコンドーム性交を使用して、相互の保護のために特に一夫多妻方法。

男女とも1の性感染症には共通する現象を見ることができます

痛みを伴う排尿、排尿困難、頻尿。

性器痛い/痛みのないオープンただれや水疱。

性器のいぼおよびヘルペス。

腕や脚の発赤、かゆみ、発疹。

ヒリヒリ感や性器に感覚をかゆみ。

頭痛、疲労感、吐き気、嘔吐。

発熱、悪寒。

これは、口の中に傷。

脚の付け根や痛みで腫れ腺。

皮膚の下に腫れ。

男性2.症状

到着するペニス(緑、黄)からの放電。

女性3.症状

月経不順。

鼠径部および/または背中の痛み。

今までおりものとは異なる性質(白色、灰色、緑、黄色、泡状の、炎症性、芳香族)

痛みや困難な性交。

乳幼児や小児4.症状

目の炎症、傷や目は放置すれば失明につながることができます。先天性梅毒の鼻の膨らみ。

肺炎。

5.性感染症とHIV /エイズ感染の道

STI性交(口腔、肛門、膣性交)が渡されます。

他の性感染症の通路の方法での感染が可能です。この移行、血液を含む身体の患部には、体液(精液、膣放電、母乳など)は、オープン傷や切り傷に直接接触してのいずれかでなければなりません。

HIVに関しては、そのような唾液及び汗のような他の体液は、ウイルスの少量のみを含有し、これらの液体の感染を引き起こすことが示されていません。あなたが口の開いた傷口に出血している場合は、深い率が唾液中に増加させることができるとウイルスが安全で濡れたキスではありません。また、尿や糞は血液中のHIVウイルスを含むことができます。汚染は、損傷した皮膚に直接接触して発生する可能性があります。

汚れや母親から出生し、いくつかの血液性感染症とHIV /エイズを介して母乳を介して伝送が赤ちゃんに渡すことが知られている、妊娠中の汚染だけでなく、人から注射器、かみそりの刃、歯科治療、割礼のために使用される手術器具の共有、輸血を使用していました。

感染した個体(開放創性感染症を引き起こす特に)と病原体は、HIV /エイズが巻き込まれる可能性が高くなります。

性感染症は、それが常に可能ではないから予測することが送信されます。伝染個々それを知らなくても、あなたは無意識のうちにすることができます。

6.性感染症とHIV /エイズは、以下の指定された道路を介して送信することはできません。

・空気が汚染されていません。

・ パートナーシップ、研究、キッチン用品、電話は、そのようなペンと紙などのアイテムを共有することによって送信することができません。

・このような性感染症やHIVなどゴキブリ、ダニ、ナンキンムシ蚊、ブユと痛烈な動物を送信することができません。

・唾液や痰に感染し、咳、くしゃみ。

・それは、同一車両またはペットケアを用いて送信することができません。

・それは、血液によって拡散されません。

・スイミングプール、浴槽、バスタブとシャワーが感染していません。

・噴水は、飲料水栓やクローゼットを汚染しません。

・ハグやパットは短期で拡散されていません。

7.リスク軽減

STIを使用するための性交(コンドームケース)の間テックスコンドームに対して非常によく1保護を提供します。 妊娠の予防に効果的な100%は、コンドームはありませんが、定期的に、正しく使用した場合の有効性を向上させます。

知られている性感染症では、あなたが尿道放電や他の症状がある場合は、異常な膣特に皮膚潰瘍、発疹、いぼは、性交時に避けるべきです。

物理的な健康状態は良好で(十分に休息、過度のアルコール、薬物や避ける喫煙、新鮮な果物や野菜、穀物消費量のバランスの取れた食事)人が感染にさらされた場合であっても患者残る可能性が高いということです。保護または安全なセックスのような危険な行動と身体の健康を避けるために注意、あなたはリスクを最小限に抑えることができます。

8.治​​療

それはいくつかの難病を改善するとき、硬化性つながる要因に応じていくつかの性感染症、。

抗生物質などの治療可能な淋病、クラミジア、梅毒、トリコモナス性感染症は、使用されています。必要な薬の医者とみなされる場合には、推奨用量と期間マッチングを使用する必要があります。そうでなければ、害はなく、利益があります。

すなわち治癒かすることができない難治性感染症の症状のいくつかを減少させます。しかし、この疾患を完全に排除するものではありません。

性感染症を治療するための最良の方法は、診療所での早期診断と治療です。プライベート診断実験室での試験は、拡散を防ぐために、できるだけ早く処理しなければならないしなければなりません。新しいSTIまたは疾患の再発を防止するために、患者の性的パートナー(複数可)も監視し、処理する必要があります。

性感染症 “彼らは自己の薬を服用すること」のための真の治療法はありません。薬、医師が提案に従って使用する必要があります。症状は数日以内に薬物を使用した後、すべての薬までまたは薬物場合医師コントロール。推奨処方が使用されるべき最後の日まで失われ、必ずしも、監視しています行かなければなりません。

9. HIV /エイズとは?

人体HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の抵抗を破壊するウイルスの名前は、疾患群であり、AIDS(後天性免疫不全症候群)に起因する症状、疾患と定義されます。HIVはヒト免疫系に影響を与えます。このように、通常の体は、特定の戦争で感染症や癌を戦うことができません。

健康的な外観とHIVに感染した無症状の人であってもよいが、他の性感染症のように、体に入りました。人々は他の人々のさまざまなとしてそれを知らずに病気を広めることができます。ウィンドウの疾患は、インキュベーションとエイズの期間があります。

感染した血液検査の検出のために(ブラインド期間)

HIVとともに生きる人は、エイズの発症前の年で症状のないウイルスが他の人に感染することができます。

AIDSの症状、症状は、最初は他の疾患に見られる混乱することができます。そのため、実際の診断の血液検査(ELISA法)を使用する必要があります。これらのテストは、必ずしもクリニックは協議の上に構築する必要がありますされています。ホーム試験はに頼っすることを推奨されていません。

出典:性病検査キットの精度・・・エイズの初期症状は風邪やインフルエンザに似た症状で、微熱が出る程度でわかりにくいのが特徴です。

ホフマンは、コンドームの使用に加えて、プロゲステロン含有避妊薬や子宮内装置(IUD)も、骨盤内炎症性疾患の発症のリスクを軽減するのに役立つと述べた。彼は研究に関与していなかった。

ホフマン氏は、プロゲステロンを含む避妊薬やIUDが子宮頸管粘液の増粘を助け、細菌が生殖器官にさらに移動するのを妨げると説明した。

25歳未満の性的に活発な女性はSTDのために毎年スクリーニングされるべきであることに同意した。このプロセスには、通常、膣スワブまたは尿検査が含まれる。淋菌およびクラミジアの治療には、典型的に抗生物質が含まれる。

「症状が早期に治療されれば、出生率の改善が得られる可能性のあるデータがある」とホフマン氏は付け加えた。