発見された試験は、品質の低さと偏見の高い

主な所見

発見された試験は、品質の低さと偏見の高いリスクのために注意を払って取り扱う必要があります。
イミキモドと患者施行の治療にも同様の効果が認められた。
イミキモドは全身有害反応がより少なくなった。
しかし、イミキモドとプラセボとの比較の効果は不正確であり、局所的な有害反応や痛みの頻度はイミキモドで増加した
このレビューに含まれる証拠

合計1734人の参加者による10件の試験がレビューに含まれていた。調査には、オーストリア(1)、ドイツ(1)、ギリシャ(1)、インド(1)、トルコ(1)、米国(5)が含まれた。6つの試験は、製薬会社の資金提供のために偏りのリスクがありました。

イミキモドは、プラセボ(6試験、​​1294患者)、他の患者適用治療(2試験、105患者)、または他の医療従事者治療(2試験、335患者)と比較された。

品質評価

含まれた試験の質は非常に低く、すべての試験は偏りのリスクが高い。

臨床的意義

レビューの結果は、含まれている試験の質が低いこと、偏見のリスクが高いこと、レビューの効果推定値が限定されていることなどから、慎重に扱われるべきである。

さらなる研究

イニキモドと他の患者または医療従事者の治療とを比較する肛門性器疣贅患者の治療を指導するために、高品質のRCTが必要となります。今後の研究ではバイアスの原因を最小限に抑え、重要な臨床結果が報告され、結果が確実にこれらの患者のために最適な治療法を提供できるようにするべきである。

肛門性器疣贅(AGW)を患う人々の30%は自発的に病変を退縮させますが、特定の病変が残るかどうかを判断する方法はありません。AGW患者の治療には幅広い選択肢があり、臨床医の経験、患者の好みおよび副作用に基づいて選択されます。イミキモドは、プロバイダー投与治療の制限を受けることなく、患者が適用する療法の利点を提供することができる。
最後に、2つの試験(335人の参加者)が、イミキモドと他のプロバイダー投与治療(切除法および凍結療法)とを比較した。イミキモドは完全回帰の頻度が低かった(RR 0.84,95%CI 0.56〜1.28)という証拠は非常に低品質であった。イミキモドは6ヵ月間の追跡期間中再発率が低下した(RR 0.24,95%CI 0.10〜0.56)が、再発率は6〜12ヶ月に低下しなかった(RR 0.71,95%CI 0.40〜1.25;非常に品質の低い証拠)。イミキモドは、痛みがより少ない(RR 0.30,95%CI 0.17〜0.54)、局所反応が少ない(RR 0.55,95%CI 0.40〜0.74)という非常に低い品質の証拠があった。

プラセボと比較したイミキモドの有益性と有害性は、このコクランレビューで評価した多くの成果について偏見、不正確さ、不一致のリスクがあるため、慎重に考慮する必要があります。イミキモドと患者適用治療(ポドフィロトキシンまたはポドフィリン)を示す多くのアウトカムの証拠は、同様の利点をもたらすが、イミキモドとの系統的反応が少なく、低または非常に低品質である。イミキモドと他の医療従事者による治療を評価するアウトカムの証拠の質は非常に低い水準であった。